日本自然医学会について

当会について

UN-NGO(非営利型一般社団法人)国際キャリア支援協会 Insutitute
International Career Support Association Insutitute
Japan Naturopathy&Naturopathic Doctors Medicine Society
Non-profit model general incorporated association
日本自然医学会は国連NGO(非営利型一般社団法人)国際キャリア支援協会の自然医学キャリア形成部門です。
JNMS-Med is a UN NGO (Insutitute) Health Care Career Formation Division of the International Career Support Association.

我々は国連アジェンダ2030の目標3、4、5、9、10、17に従って日本自然医学会、世界自然医学大学院大学日本校を運営しております。その目標を一緒に達成するために、日本人のあなたが必要です。

We operate the Japan Natural(Naturopathy & Naturopathic) Medicine Society and the World Natural Medical University Japan School in accordance with goals 3, 4, 5, 9,10, 17 of the UN Agenda 2030.

我々は国連人権理事会に連続15回意見発表をしております。日本人の為に正しい情報発信を世界に行っております。
当団体を含む世界30団体の共同提案ステートメント「Rights to Peace」が国連人権理事会で認められ、宣言化に向けて現在、世界400団体を越える組織が提案参加しています。

「将来の医者は薬を与えないでしょうが、彼の患者を適切な食生活における自分自身の体のケアと病気の原因と予防に興味を持たせるであろう。」

 

                     トーマス・エジソン

 

 

 

21世紀は高度多様化医療の時代 ( de jure standard )

The 21st century is the era of highly diversified medical care (The era of the same de jure standard)

​Japan is an insurance coverage for all people with allopathic care only.

​It is contrary to international rules to monopolize the people's insurance in a single medical system in Japan's health system. In Europe and the United States, allopathy, naturopathy, osteopathy, psychopathy (psychotherapy), homeopathy medical system are established and specialized educational institutions are established.
There are more than a dozen kinds of education systems in the world medical treatment, including traditional medicine in each country.
Japanese medicine has only reverse symptomatic therapy Allopathy medicine derived education. Since other therapy is interpreted as pseudo-medicine, he continues medical treatment of the 20th century which is not medical system by various medical education like Western countries because it is interpreted as pseudo medicine. If Japan wishes to be recognized as a developed country based on fundamental freedom and human rights in the future, it is no other choice but to change to a medical system in line with the times.

欧米ではアロパシー、ナチュロパシー、オステオパシー、サイコパシー(サイコセラピー)、ホメオパシーの医療制度が確立しており専門教育機関があります。

世界の医療はそれぞれの国の伝統医療を含め、十数種の教育システムがあります。

日本の医学は逆症(対症)療法アロパシー医学派生教育しかありません。その他の療法は疑似医学と解釈されているために欧米のような各種の医学教育による医療制度ではない20世紀型医療を続けている。日本が基本的自由権と人権に基づく先進国としてこれからも認められたいと願うならば、時代に則した医療制度に変革して行かざるを得ない。

日本における統合医療の取り組み。

従来の医学と、安全性と有効性について質の高いエビデンスが得られている相補(補完)・代替療法とを統合した療法Conventional medicine and therapy integrating complementary (complementary) and alternative therapy which has high quality evidence about safety and efficacy

http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/about/

 

​当会は国際統合医療の推進に賛同いたします。

de jure standard :日本と国際基準との違い

Integrative medicine is an approach to care that puts the patient at the center and addresses the full range of physical, emotional, mental, social, spiritual and environmental influences that affect a person’s health. Employing a personalized strategy that considers the patient’s unique conditions, needs and circumstances, it uses the most appropriate interventions from an array of scientific disciplines to heal illness and disease and help people regain and maintain optimum health.

 

統合医療は、患者を中心に置き、人の健康に影響を与える身体的、感情的、精神的、社会的および環境的影響の全範囲に対応するケアへのアプローチです。 患者へのユニークな条件、ニーズ、および状況を考慮したパーソナライズされた戦略を採用し、症状や病気を治すために最適な介入を行い、人々が最適な健康状態を回復し維持するのを助けます。


In Europe and the United States, allopathy, naturopathy, osteopathy, psychopathy (psychotherapy), homeopathy medical system are established and specialized educational institutions are established.
There are more than a dozen kinds of education systems in the world medical treatment, including traditional medicine in each country.
Japanese medicine has only reverse symptomatic therapy Allopathy medicine derived education. Because other therapy is interpreted as pseudo medical, it is not becoming medical based on education such as Europe and the United States, and it is in a state attached to 20th century type medical care until it collapses.

⊛ 日本の場合、現状では100歳の内、20年は寝たきりになる。

W.H.Oアルマータ宣言について: 1次医療の自由化宣言
The Alma-Ata Declaration defines its strategy as ”Health for All by 2000 A.D.” through primary health care.This is in pursuance of the aims declared at the WHO/UNICEF sponsored conference at Alma-Ata, USSR.Primary health care has been described as “essential health care based on practical, scientifically sound and socially accepted methods and technology made universally accessible to individuals and families in the community through their full participation and at a cost that a community and a country can afford to maintain at every stage of their development in the spirit of self-reliance and self determination.” 

W.H.Oアルマータ宣言は一次医療を通してその戦略を「西暦2000年までのすべてのための健康」と定義します。
要約:一次医療は、個人や家族の自己決定により、アクセス可能な全ての療法(世界的に認識され、科学的であり、社会の要求を満たす、制度を確立する)を国及び地域が負担出来る費用で(保険を適応して、あらゆる療法家により)選択を可能にする事。

伝統、補完、代替医学に関するWHOの戦略計画について

WHOの提唱(アルマータ宣言1978年)を先進各国はすでに推進しております。しかし、日本においてはまだ、患者の自己決定と選択、あらゆる療法の活用が進んではおりません。近隣のアジア各国の方が数段進んでおります。欧米特にイギリス、ドイツ、フランス、北欧においては自然療法医学が主流です。ゆえに施設は多数あります。

WHO Strategic Plan on Traditional Medicine 2014-2023
Traditional,complementary and alternative medicine
World Health Organization (WHO) recently updated the objectives of the Traditional Medicine Programme in order to meet the new demand of T&CM practices and practitioners, and in response to Resolution WHA62.13 on TM. The WHO Traditional Medicine Strategy 2014-2023 will help health care leaders to develop solutions that contribute to a broader vision of improved health and patient autonomy.

伝統、補完、代替医学に関するWHOの戦略計画について2
世界保健機関(WHO)は、T&CM(伝統、補完、代替医学)療法者及び研修者の新たな要求を満たすために、またTM(伝統医学)に関する決議WHA62.13に対応して、伝統医学プログラムの目標を更新した。 WHOの伝統医学戦略2014-2023は、各国の保健指導者が健康改善と患者自己決定により広い視野に貢献する解決策を開発するのに役立つだろう。と呼びかけております。

Access the WHO Traditional Medicine Strategy 2014-2023 here.

WHOの伝統医学戦略2014-2023へのアクセス

 

21世紀型ヘルスケアへの変革(世界は速いスピードで大きく変革をしております。)

It seems that today's medical science does not meet the needs or desires of people.

Improving lifestyle and diet is clear evidence.
Individuals need to pay for living with consumption life, stress, environmental pollution (increase of allergy of environmental factors), dependent substances etc.
Allergies erode children, bacteria start to endure antibiotics, viruses appear one after another.
Several new diseases will appear when your body is deprived of natural defenses.
There is a treatment area that can be used supplementarily and intentionally to correct symptoms for this imbalance.
Natural medicine has simplicity, efficacy, and the philosophy of the person himself, and it reflects attractively.
Today, people are taking care of themselves on TV, books, and the net, recognizing themselves and increasingly wanting to actively participate in health and health measures for their treatment or prevention.
About health About doctor philosopher Hippocrates said "All diseases are the result of our lifestyle."
People are dieting and exercising as well as living space, work, emotional ups and downs, thoughts, spiritual beliefs and lifestyle habits.
In naturopathy, attempts to maintain their healthy diet, important physical health can be in vain if they are not working on the defensive side of the body. This effect is diluted by not following the rules of nature.
People greatly contribute to the smooth functioning of their bodies through will, power and heart (intellect, emotions, belief).
Nutritional imbalances indicate contamination of material bodies.
Emotional bodies due to suppressed emotions affect material bodies.
It is possible to improve by himself / herself realizing their own responsibility about their own physical shortage.
It is possible to improve the situation if teaching rules of life, giving that way.
It means that we take care of ourselves.
"Active sick people" are wise people who cause their recovery or maintain their own health.
Natural therapy is a good example of preventive medicine.
Grasp the condition of the whole body and evaluate the condition. Then explain to the patient and tell the patient.
Natural medicine pros as consultation, education, improvement proposal,
Through an educational approach that considers changing the habit of the patient himself / herself, suggesting that natural treatment is aware of the fact that the body's return is accelerated. People bring out solutions within themselves. There is natural medicine of the world standard.

昨今、従来の医学が人々のニーズ又は欲求を満たしていないようです。

生活習慣や食生活の改善が明白な証拠です。

個人は消費生活、ストレス、環境汚染(環境要因のアレルギーの高まり)、依存物質などで生活を送る代金を支払う必要があります。

アレルギーは子供を蝕み、バクテリアは抗生物質に耐え始め、ウイルスは次々に現れます。

自身の体が自然の防御を奪われる時、いくつかの新しい病気が現れます。

このアンバランスに対して徴候を補正するために補足的で意のままに使える治療領域があります。

自然医学はシンプルさ、効力、及び本人の哲学があり、魅力的に映ります。

今、TVや本、ネットで自分自身の面倒を看て、自分自身を認め、活動的に自分の治療又は予防に対する健康・保健対策に参加したいと思っている人が増えています。

健康について医師哲学者ヒポクラテスは「すべての病気は私たちのライフスタイルの結果です。」と語りました。

人々は住空間、仕事、感情の起伏、思考、スピリチャルな信念及び生活習慣と同様にダイエットと運動をしています。

自然療法において、身体の守備側が働いていないならば、彼らの健康的ダイエット、重要な身体の健康を維持する試みは無駄に終わる可能性があります。これは自然の規則に従わない事によって効果が薄められているのです。

人々は意思力、行動及び心(知性、感情、信念)を通して、自分の肉体のスムーズな機能に大いに寄与します。

栄養上の不均衡は物質的ボディの汚染を示します。

抑制された感情による感情ボディは物質的ボディに影響を与えます。

本人が自分自身の身体的な不足について、各自の責任を気づかせることによって、改善をする事が可能です。

生活の規則を教えること、その方法を与えるならば、状況を改善することが可能です。

私たちが自分自身の面倒を看ることを意味します。

「アクティブな病気の人」は各自の回復を引き起こすか、各自の健康を維持する賢い人です。

自然療法は予防医学の好例です。

体全体の状況を把握し、状態を評価する。そして、患者さんに説明して患者さんに教える。

自然医学のプロは相談、教育、改善提案として、

患者本人の習慣を変えることを考慮した教育的アプローチを通して、提案され、自然な治療が、ボディのリターンを早める事実に気づかせること。人が自分の中で解決策を導き出す。という世界標準の自然医学があります。

 

自然療法:生活改善指導(環境、身体、心理および行動科学的アプローチ等)、食事療法(抗ウイルス、抗細菌成分のコンポーネント等)、ボタニカルバイオ療法(体内αインターフェロン活性化等)等による非侵襲性の回復を図る。

 

我々はセラピストからフィジシャン(ドクター含む)を目指す方の国際的支援組織です。

1.日本自然医学会とWNF及びICNMとの協力
WNF(world naturopathic federation)世界自然療法医学連盟、 ICNM(International Congress on Naturopathic Medicine):国際自然医学会組織代表者会議及び学会(卒後教育機関でもあります。)当団体はこのメンバーです。世界180以上の提携組織

1. Cooperation between Japan Nature Medical Association and WNF and ICNM
WNF (world naturopathic federation), ICNM (International Congress on Naturopathic Medicine): International Nature Medical Association Organization Representative Conference and Association (It is also a postgraduate educational institution.) This group is this member.

2.日本自然医学会とWONMとの協力

我々は国際的、人道的、非営利的な立場に立って日本自然医学会を設立いたしました。

我々はまた、WONM(世界自然医学機構)とも協力をしております。
WONM(世界自然医学機構)は、ホスピタル騎士団の流れを継ぎ国際的、政治的、宗教的に中立的な人道支援NGO(Organization for NGO)であり、WHOアルマータ(Alma Ata)宣言(1次医療の自由化宣言)を採択した。
WONM教育部は国連アカデミックインパクトのメンバーです。

2. Cooperation between Japan Nature Medical Association and WONM
We established the Japan Natural Medical Association from an international, humanitarian, nonprofit standpoint.
We are also cooperating with WONM (World Natural Medical Organization).
WONM (World Natural Medicine Organization) is an international, politically and religiously neutral humanitarian assistance NGO (Organization for NGO) that follows the flow of the Knights of Hospital and declares WHO Alma Ata (primary medical care The Declaration of Liberalization of Liberty) was adopted.
The WONM Education Department is a member of the UN Academic Impact.

3.日本自然医学会とWHF及びIHNMAとの協力

当団体は日本のみならず、アジア・太平洋全域及びアフリカに協力関係を広げ、ヨーロッパ、南北アメリカに新しい日本の自然医学の波を広げて行きます。そのための世界に向けた新しい組織WHFに参加しております。

3. Cooperation between Japan Natural Medical Association and WHF and IHNMA
We will expand our cooperative relationship not only in Japan but throughout Asia and the Pacific and Africa and will spread the waves of new Japanese natural medicine in Europe, North and South America. I am participating in a new organization WHF for the world to that end.

4.日本自然医学会の今までの活動​

2012年NPO法人日本自然医学会がスタートしました。

  • 英名:Japan Naturopathic Medicine Society

  • 2013年:国際自然医学会総会セミナー及び第1回日本自然医学会を開催予定

  • 会員及び役員の募集を開始しました。詳しくは入会案内をご覧ください。

  • WONM及びIHNMAは東日本大震災の救援活動を行いました。

  • 中国鳥インフルにWONM及びIHNMA組織は対応しております。

  • 法人化の為に名前を変更しました。世界自然医学会組織日本学術会議はJIHNMAの日本自然医学会の主宰団体となりました。

  • 平成25年11月1日より特定非営利法人NgoICSAから特定非営利活動法人世界自然医学会組織日本学術会議へ名称及び組織変更いたしました。

  • 2016年度よりICSA Community UniversityにてNatural Medicine(自然医学のドクターコース等の各コース)の学部を開設いたします。

  • 2014年1月22日 LinkedInに協議会を掲載しました。

  • 2014年4月1日 JIHNMA海外委員会が発足しました。

  • 2014年8月1日から自然医学各コースを開催いたします。

  • 2014年10月4日(土)生駒市ららぽーと(市民活動センター)3F 午後2時より 「自然医学セミナー開催」

  • 2015年4月4日(土)生駒市ららぽーと(市民活動センター)3F 午後2時より 「自然医学セミナー開催」

  • 2015年5月(特活)日本自然医学会Japan Naturopathic Medicine Society
    へ組織変更

  • オープンジャーナル(イギリス)投稿論文が優秀と評価されました。

  • 第1回(2016年度)ナチュラル・ヘルス・プラクティショナー(NHP)の講義と自宅学習を4月から9月まで月2回土曜午後:生駒市ららぽーと(市民活動センター)3Fにて行います。受講修了者は受験資格を、試験合格者は認定書を発行します。20名定員 詳しくは入会から自然医学講義へ

  • 2016年7月第3回世界自然医学会総会http://icnmnaturopathy.eu/に当団体は日本代表としてこのボードメンバーです。http://icnmnaturopathy.eu/#supporting-partners

  • 演題:About overall meal absorption of cancer restraint substances.

  • オープンジャーナル(イギリス):演題:Solution method of the atopic whole body symptom.

  • オープンジャーナル(イギリス)と連携

  • 専属研究員依頼

  • 2017年10月国際化の為に国連NGO一般社団法人国際キャリア支援協会と合流(合併)いたしました。

  • 2018年4月自然医学開業支援コンサルティングのために日本コンサル株式会社と提携しました。

UN-NGO ICSA & JNMS

Domestic Contact point

国連NGO(国連特別協議資格団体ICSA&JNMS) 
(非営利型一般社団法人)

国際キャリア支援協会(NgoICSA)
日本自然医学会(JNMS)

●JAPAN  2-1-1, Edobori, Nishi-ku, Osaka-City
●JAPAN 476-14-204, Hiedacho, Yamatokoriyama-shi, Nara
●JAPAN 4-23-401, Higashishinmachi, Ikoma-shi, Nara 
●JAPAN Sapporo-shi, Hokkaido 

●JAPAN Kawaguchi-shi, Saitama

●JAPAN Urasoe-shi Okinawa

Overseas Contact point 

China Shanghai City

Switzerland Geneva City

USA Portland City

India Mumbai City

World Organization Natural Medicine University Asia Contact point
●China ● Taiwan ● Malaysia ● Singapore ● USA ●Canada

Japan:

TEL.: 090-9622-4321

         06-6225-1641

Mail:  icsa@rapid.ocn.ne.jp

           jnms@ace.ocn.ne.jp

8768.jpg

日本自然医学会附属

世界自然医学大学院大学

アジア日本校

国際ナチュロパシー科

Telephone:

090-9622-4321

0743-53-5331

  • YouTube

© 2012-2025 by Japan Naturopathic (Naturopathy & Naturopathic Doctors) Society